スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれからもう1年

今日は4/14。僕がギランバレー症候群の引き金になった急性胃腸炎からもうぴったり1年が経った。
あれは忘れもしない4/14夜半過ぎ。
急な腹痛で夜中の2時過ぎに総合病院の救急に運ばれてそのまま入院になった。
目もくらむような痛みだった。
呼吸も苦しくて「はっはっはっは」と短い呼吸でなんとか息をつないでいたことを思い出す。
入院で最初に受けた治療は点滴治療で、痛み止めに打った注射がものすごく痛かったことを覚えている。
入院して3日目、体中に発疹があり、なぜか体が痺れるようになった。
腹痛はおさまったものの、しびれのことや発疹のことを
医師に訴えても痛み止めを打たれるばかりで、さっぱりであった。
(それもそのはず、入院病棟は外科だったのだ)
結局のところ1週間入院して、腹痛が収まったということ退院となった。
そのときはしびれ自体はなりをひそめていたのだが、数日経つとそのしびれは再び現れてきたのである。
おかしいおかしいと思いながらそれでもマッサージなどしながら行動していたのだが、
次第に次第にすごく辛くなってきた。
手足がすごく冷たくなったり、しびれに我慢できなくて足をゆすってみたりこすってみたりで
なんとか過ごしていたのだが、次第に我慢できなくなった。
退院後の検査で症状を訴えるも、医師は首をかしげるばかり。
結局内科>肝臓>消化器科とたらい回しにされて「わかんないなぁ」のひどいものであった。
その間ネットなどで自分で調べると「ギランバレー症候群」の文字がヒットしたのである。
その単語を携えて病院に行くと、神経内科の紹介をされたが僕の住んでいる田舎の総合病院では
神経内科の診察が週に1回、しかも金曜日の午後限定という状態だった。
「冗談じゃない」ということを医師に告げると大学病院を紹介された。
僕の家から1時間半のそこに通えってことか!?とさすがに狭量になっていた自分はキレたのだと思う。
入院の紹介状をすぐに書いてもらった。流石に次の日に入院、というわけにはいかなかったので
1週間ばかり待たされての入院となった。最初の症状がでてから、実に1ヶ月が過ぎてのことであった。

入院までの1ヶ月弱、
満足に手足を動かすことができず、運動もできなかった為、筋肉は見る間に落ちていった。
食欲もわかず固形のものを食べる気にもならなかったので、ゼリー食ばかり摂取していた。
入院した6月5日、すでにぼくは車椅子で行動するしかできない状態になっていたのである。
今思えば地獄であった。もう僕はこのまま治ることができないんじゃあないかと入院中ずっと
思っていた。
約一ヶ月の入院で退院することができたが、結局のところは入院しててもラチあかないので退院したわけである。
検査検査で1ヶ月あけくれて、結局のところは「治療しても効果は薄いと思います」と来たもんだ。
治療もせずにそれを言い切っちゃう医者っすごいねー。ほんとうに尊敬しちゃいます。

入院中のことは以前書いたので、ギランバレー闘病記の欄を参照していただきたいが、
さて、今現在はどうなのか、ということである。
医師からは「回復までに1年は見てください」と言われたのだが、その理由は
ギランバレー症候群の発症によって正しい免疫が攻撃され、神経が攻撃されてボロボロになったところの回復に
1年は見ろ、ということなのだ。

現在の症状はというと、まだ全快とはいかないが少しづつ回復はして来ているのだと思う。
まだ手足は常時しびれているし、歩くことはできるが走ったりはできない。
体には時々電撃痛が走ってめちゃくちゃ痛いときもある。
それでも当初よりは大分マシになったのだ。長時間座っていることさえできなかったのだから。
だからイラストなども描いていられる。ありがたいことだと思う。
しかしながら僕が完全な社会復帰を果たすには、まだまだ時間がかかりそうである。
気持ちは今すぐにでも復帰して復職したい心境だ。しかしこんな状態ではおそらく使い物にならないであろう。
別に頭がどうのこうのというわけでなく、体がいうことを利かないが為にこうなっているのだ。
悔しいことこの上ない。この1年というもの、このやりきれなさに何度も泣いた。
声を上げて何度も泣いた。いっそこのまま死んでしまいたいとも思ったこともある。
しかしどうも死にきれない。やりたいことの半分も出来ていないうちに死んでたまるかと
思ってしまったのである。
だから現在は色々と勉強をしている。資格の勉強や、描きたかったイラストを思う存分(?)
やっている。いつかしっかりと治る日を見越して。
もし万が一治らなくても、きっと役には立つことであろう。
とはいえ、以前の蓄えだけでこの1年過ごしてきたのだから、資産的にはマイナス極まりない。
早いところ体には治ってもらいたいものである。
また、バリバリと働けるように。
随分と長いこと書いたが、1年の節目としてこの手記をここに残す。


2013/4/14 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

自己紹介

バナー週間お絵かき
はじめまして、またはこんにちは!
こちらはフジダイのブログです。
イラストを描いたりデザインを
したり、日常をフリーダムに
やっている人間のブログです。
イラストのご依頼は記事コメント
よりお問い合わせくださいませ
ac.gif
タワーオブアイオン 休止中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ
にほんブログ村

フジダイ

Author:フジダイ
秋田創作人合同展示会
「はじまりの物語 プロジェクト」
企画進行兼参加創作人です。
現在プロジェクト進行中です。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事のカテゴリー
いらせられませ(´∀`)
リンク(+)クリックでカテゴリ開閉

秋田で大活躍されている
クリエイターの皆々様

banner.jpg

江戸屋キリカ(横井しの)様 が製作されるWEBフリー公開ボイスドラマ、ボイスドラマCD、音楽CD

header056161.jpg

bannersisen.jpg

イラストレーター北山紫仙 様

b_miyabanner.gif

イラストレーターみやもとかずみ 様

1252425402_167s.jpg

創作集団コルドロン様 のブログ

201108190209470b3s.jpg

能代ぐるーぷあばんしぇ様

logo.gif

欠刊あきた多ウソ情報 様

ダウンロード

秋田おたくオフ会様

busudake.jpg

ぶスだけ ゑびす様

oekakikeijibann.jpg

秋田おたくオフ会お絵かき掲示板

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。