スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギランバレー闘病記③

4月の入院から発症してしまったギランバレー症候群の
闘病記を不定期1週間ごとでつづります。
この病気については現在も療養中です。

6/18 月曜日 入院14日目
今日でまる2週間が経つ。相変わらず検査のみで、治療のちの字もない。
今飲んでいる薬を減らすだけ。木曜日に大腸内視鏡をするのだそうだ。
これだって結局治療ではなく、検査だ。何の処置もしないでふんぞり返っていられる
なんて、いい仕事だな、と思ってしまう。
夜は強い痺れと痛みで満足に眠ることさえ出来ない。
刺すような痛みがまどろむことさえ許さない。疲れ果てて朦朧とした
状態で朝を迎える。


6/19 火曜日 入院15日目
とうとう今日で半月だ。何もせぬままにこんなに時間が過ぎるなんて
なんともやりきれない思いだ。
やりたいこと、行きたいところ、逢いたい人、たくさんある。
動けぬことがここまで苦痛だとは。


6/20 水曜日 入院16日目
明日は大腸内視鏡をするらしく、これさえクリアしてしまえば
治療が始まるらしい。何事もないことを願う。
新しい痛み止めの薬を出すらしい。楽になってくれればいいが。


6/21 木曜日 入院17日目
書く気が起きない。


6/22 金曜日 入院18日目
内視鏡が終わって、異常もないので予定していた治療を行うというが、
相変わらず主治医は淡々としていて冷ややかである。
「やっても効果が薄いかもしれないし、なんともいえません。」
ようも言えるわ、この小娘は。


6/23 土曜日 入院19日目
友人のシンガーCreamyさんがお見舞いに来てくれる。ありがたいことである。
花を持ってきてくれる。とても綺麗だ。完治したら手伝って欲しいことが
ある、と言う。こんな自分に頼んでくれるとはさらにありがたいことである。
この恩は必ず報いると誓う。


6/24 日曜日 入院20日目
地元の友人達がお見舞いに来てくれる。ありがたい。
明日から治療を開始するとのことだが、僕の場合、発症してから
すでに2ヶ月が経過している。もっと早く出来なかったのかと
怒りを覚える。


③へ
スポンサーサイト

ギランバレー闘病記②

4月の入院から発症してしまったギランバレー症候群
闘病記を不定期1週間ごとでつづります。
この病気については現在も療養中です。


6/12 火曜日 入院8日目
治療方針が決まったようだ。大量グロブリン静脈注射、ステロイド剤投与の2本柱のようである。
ベニロンという献血から作成した血液製剤を投与するのだが、
300ml~400mlの製剤を1日に13本点滴で投与する。
血液製剤は非常に高価で、1クール5日間の治療で150万~というものだ。
恐ろしい。


6/13 水曜日 入院9日目
今日はCTスキャンの検査があるそうだ。昼食は抜き。
神経内科の回診があるそうで、できれば明日あたりから治療が始まってくれれば
ありがたいのだが。
痛くても、痺れがあっても治療してるんだと思えば気が楽だが、そうではないのは辛い。

6/14 木曜日 入院10日目
予定していた治療が中止になった。
胃の横のリンパ節が腫れているから、ということである。リンパ節が腫れている原因が
特定できないから中止になったということらしい。そんなバカな!

6/15 金曜日 入院11日目
今朝は最悪の気分で目が覚めた。もうなんだかどうでも良くなってきていた。
が、昨晩届いたらしいAさんからの優しいメールを見て救われた。
内容を見て涙が溢れた。昨晩、僕の心は治療の中止で打ち砕かれてしまっていたので、
その内容はあまりにも優し過ぎたのだ。
今日は頭のMRIと耳鼻科の検診があるそうだが、気持ちとしてはもう何だかこれ以上
俺に構わないでくれ、俺を調べるな!という気持ちで一杯なのだ。
とても恐い。

6/16 土曜日 入院12日目
薬が効いた感じが全然ない。昨晩は痛みと痺れが強くほぼ眠れなかった。
結局対症療法などといっても気休めでしかなく、治療しなければ改善など見込める
はずもないのだ。
入院は結局検査検査ばかりで終わりそうな予感がしてならない。
根本の治療法を模索するのは医者の勝手だが、その間は患者をほったらかしなのか、
と思う。とても憤りを感じる。医は仁術なり、なんてどこかで聞いた言葉だが
医者を見てるとお笑い種に思えてくる。

6/17 日曜日 入院13日目
妹と父が見舞いに来てくれる。それぞれ飲み物やこんにゃくゼリー(飲むタイプ)など
持って来てくれた。病院食は食べる気がせず、毎回半分も食べていないため、そこを
心配してくれたのだ。とてもありがたい。

夕方になって神経内科の主治医の同僚とやらが、俺に医学生の相手をしてくれないか
とか言う。健全な精神状態ならばOKしたが、治療も中止、患者はほったらかしの状態で
ふさけてるのかと怒鳴りたくなった。無論医学生の相手は断った。


③へ

ギランバレー闘病記①

4月の入院から発症してしまったギランバレー症候群
闘病記を不定期1週間ごとでつづります。
この病気については現在も療養中です。

自己紹介

バナー週間お絵かき
はじめまして、またはこんにちは!
こちらはフジダイのブログです。
イラストを描いたりデザインを
したり、日常をフリーダムに
やっている人間のブログです。
イラストのご依頼は記事コメント
よりお問い合わせくださいませ
ac.gif
タワーオブアイオン 休止中
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ
にほんブログ村

フジダイ

Author:フジダイ
秋田創作人合同展示会
「はじまりの物語 プロジェクト」
企画進行兼参加創作人です。
現在プロジェクト進行中です。

カレンダー(月別)
06 ≪│2012/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事のカテゴリー
いらせられませ(´∀`)
リンク(+)クリックでカテゴリ開閉

秋田で大活躍されている
クリエイターの皆々様

banner.jpg

江戸屋キリカ(横井しの)様 が製作されるWEBフリー公開ボイスドラマ、ボイスドラマCD、音楽CD

header056161.jpg

bannersisen.jpg

イラストレーター北山紫仙 様

b_miyabanner.gif

イラストレーターみやもとかずみ 様

1252425402_167s.jpg

創作集団コルドロン様 のブログ

201108190209470b3s.jpg

能代ぐるーぷあばんしぇ様

logo.gif

欠刊あきた多ウソ情報 様

ダウンロード

秋田おたくオフ会様

busudake.jpg

ぶスだけ ゑびす様

oekakikeijibann.jpg

秋田おたくオフ会お絵かき掲示板

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。